スマホで見る

橋本幸恵のプロフィール | 三鷹の不動産のことなら有限会社さくらハウジング

有限会社さくらハウジング
tel 0422-50-0115

橋本幸恵のプロフィール

明るく、朗らかな笑顔がすてきな橋本幸恵さん。賃貸事業部主任として、充実した日々を過ごされています。仕事のやりがいや今後の目標について伺いました。
編集担当福田恭子(ふくだきょうこ)

フリーランスライター。大手家具企業を辞めたのち、ライターに転身。大手出版社運営の女性向けサイトでコラム執筆を経て、現在はインタビュー記事や不動産関連の記事を多く手がけている。趣味は食べ歩きと人間観察。

−前職は何をしていましたか?
物販の仕事をしていました。雑貨店で10年、アパレルを1年ほどです。さくらハウジングは入社して4年目になります。

−今の仕事内容について教えてください。
メインは経理と事務をしていますが、時には営業アシスタントとしてサポートすることもあります。

 


−1日のスケジュールを教えてください。

9:15に出社して、まず掃除をします。始業は9:30からで、契約書作成や電話対応、物件のご案内に行くことも。18:30で終わるのですが、夕方から資料を作り始めることもあるので、その場合は少し残って19:00〜20:00に帰ります。残業は必要に応じてします。

−仕事のやりがいを教えてください。
3年いても、新しいことの連続です。法律や契約内容が変わったり、東京オリンピックなどの影響で地価も上がったりする。同じことがないなぁって。その分、覚えることも多いし、クレーム対応があると辛いと思うこともありますが、日々勉強だなと思っています。

濃厚な人付き合いができるのも、この仕事の魅力。前職ではレジ打ちで、セール時期には300人〜400人くらいの方の対応をしました。でも、今はお客様の顔と名前が一致する親密度が高い付き合い。地域の方やオーナー様、ご入居者様など交流する方の幅が広がったのも楽しいです。

−前職も販売業ですが、やっぱり接客業が好きなんですか?
元々は人見知りだったんです。でも、子どもは好きで。最初勤めた雑貨の会社はキャラクター雑貨を取り扱っていて、子どもと接せられるので入社しました。でも、販売をしていくうちに接客業の楽しさに目覚めました。

−今後の目標を教えてください。
やることの優先順位をつけ過ぎてしまうので、それをもっと正したいですね。顧客情報や、お客様がどういう物件を探しているのか、把握することが幅広くて。いっぱいいっぱいになってしまうので、効率良く、同時に仕事をできるようになれればと思います。

将来的には賃貸だけでなく、売買についても話せるようになりたいです。不動産業は人の人生に関わる仕事。もっと勉強して、いろいろとアドバイスできるようになりたいです。

 

−ご自身の「Good Job!」と思える、強みを教えてください。
お客様と仲良くなれるところですね。仲良くなったお客様とご飯に行ったりすることもあります。以前と比べると営業することが少なくなりましたが、それでも10件ご案内して8件決まった時は「私もまだまだいけるな」と思いますね(笑)。

あと、お客様に良いことも悪いこともちゃんと伝えるところかな。ご案内時には、お客様が入居後も嫌な思いをしないよう全てお話しします。「あの時、橋本さんで良かった」と思い出されるように、誠実な対応を心掛けています。社内では、みんなのフォローがうまくできた時が気持ちいいですね。

−さくらハウジングはどんな職場ですか?
不動産屋らしくない不動産屋かなと。私もそうでしたが、不動産屋って怖いイメージがありました。でも、社長はそういうお店にならないように考えていて、社内がいい雰囲気であるよう、風通しの良い環境にしてくださっています。以前「そういえば、不動産屋ってショップカードがないな」と思ったので言ってみたら、すぐ作ってくれて。アイディアを形にしてくれるっていいなと思いました。みんなで飲みに行くことも多くて、もし自分だけ呼ばれないと「なんで!?」ってなります(笑)。



−お客様との忘れられないエピソードを教えてください。

解約でご来店されたご夫婦が、既に他のお店で新居をご案内されていたんです。
でも、対応が良くなかったみたいで「物件は決まってるけど、橋本さんから契約したい」って言ってくださって。
ご入居後「その後いかがですか?」とお手紙を出したら、お返事をいただきました。

また担当した別のお客様で、入居後すぐに転勤で引っ越されてしまった方がいて。その方からお手紙をいただいて「橋本さんに担当してもらった物件にもっと住みたかった」とお言葉をいただきました。どちらもとても嬉しかったです。


お客様目線に立ち、真摯に対応する橋本さん。インタビューからは働く楽しさをひしひしと感じました。生き生きとした橋本さんに会えば自然と笑顔になるはず。“橋本スマイル”を見に、さくらハウジングに是非いらしてください!